•  

    関西発のイノベーション創出フォーラム

    登壇企業募集のご案内

    ~中小企業の尖った技術を広く紹介し協業やイノベーションにつなげることを目指して~

  • 独自性のある尖った技術をお持ちの関西発の中小企業にその技術をアピールしていただき

    大阪科学技術センターの賛助会員等の有力企業とつなげるイベントです。

     

    ただいま、ご登壇いただける企業(技術)を広く募集しています。

  • フォーラムの概要

    関西発の独自性のある技術を持つ中小企業やベンチャー企業が、OSTECの賛助会員や関西の有力企業にプレゼンテーションすることで、技術の価値、新たな市場や技術融合の可能性を見出し、新たな協業、イノベーションにつなげるプラットフォームとして大阪科学技術センター(OSTEC)では、2018年度より関西発のイノベーション創出フォーラムを開催しています。
     
    OSTECのもつノウハウを生かして、独自性のある尖った技術を持つ中小企業と、新しい技術を必要としている大企業等とをつなぎ、マッチング成功率の高い場を提供します。
  • 5つの特徴

    1.発表企業の独自性ある技術を、OSTECのネットワークを駆使してオンライン上に集結したシーズ技術を求めている有力企業(OSTEC賛助会員など)に直接アピールすることができます。

    2.非常に高いマッチング実績を誇ります。経験豊富なファシリテータが質疑応答をリード、コアバリューの導出等により協業の接点を拡げ、多様な参加企業とのマッチング確率をさらに高めます

    3.オンライン上でありながら、発表企業・参加企業同士1対1の個別打合せにより、協業イノベーションにつなげます。

    4.当日参加できない人のために、技術発表・質疑応答の内容を映像アーカイブとして提供し、OSTECのネットワークを活かしてオフラインでも接点を創出します。

    5.中小企業と大企業等との協業・イノベーション、サプライヤやユーザー等とのコンソーシアムへの発展が期待できます。

  • スケジュール

    2022年度の活動計画予定

    ・~6月13日  発表企業募集
    ・7月初旬   年間発表企業決定
    ・9月     第1回フォーラム

    ・11月     第2回フォーラム

    ・1月     第3回フォーラム

  • 募集要項

    1 対象企業

    • 関西(大阪・京都・兵庫・和歌山・奈良・滋賀・福井)に拠点をお持ちの中小企業・ベンチャー企業で独自性の高い技術、応用範囲が広い技術の事業化を目指している企業
    • 対象技術分野は不問

    2 開催予定

    第1回:2022年9月   6社ご発表を予定
    第2回:2022年11月  6社ご発表を予定
    第3回:2023年1月   6社ご発表を予定

    3 開催場所

    各回とも完全オンライン開催(Zoom)

    発表者も来場の必要はありません。

    4 登壇方法

    技術発表を20分/社、質疑応答を10分/社で、ファシリテータのリードで実施します。
    発表後はオンライン上で個別相談室(Zoomのブレークアウトルーム)を設け、発表技術に

    興味のある参加企業と1対1の個別ディスカッション(max50分)を実施します。

    個別会議では事務局は入室管理のみ行います。

    5 参加費

    無料

    6 応募方法

    下記エントリーシートに必要事項を記載し、下記メールアドレスまでお寄せください。

     

    一般財団法人 大阪科学技術センター 技術振興部

    「関西発イノベーション推進フォーラム」事務局

    E-mail: kansai.inv.forum@ostec.or.jp

     

    募集締め切り 2022年6月13日(月) 17:00まで

    7 発表の可否

    送付いただいたエントリーシートに基づき、発表の可否を検討させていただきます。個別にヒアリングを行う場合もあります。

    発表の可否は、7月初旬までにはご連絡させていただきます。

  • 選定後の流れ

    1

    選定後、技術に関する要旨をご提出いただきます。

    提出していただいた要旨をもとに、事務局から興味がありそうな企業に周知し、参加をつのります。

    2

    ご発表いただく内容にもとづき事務局がプログラムを決定します。

    ご都合を確認の上、日程調整を行い、ご連絡いたします。

    3

    ご登壇の約2週間前までに

    講演用の発表資料を作成し、

    ご提出いただきます。

    4

    ご登壇までの間に、

    担当するファシリテーターとオンラインで打ち合わせを行います。

    ご登壇当日にファシリテーターが技術をよく知った上で質疑応答を効果的に誘導するためです。

  • 過去のご登壇企業

    2018年の試行を経て2019年度から2021年度まで26社の企業にご登壇いただきました。

    登壇企業                演題

    • アイ’エムセップ(株)       「革新的炭素めっき技術」
    • (株)SIRC              「IoT、AI 時代のスマートエネルギーセンサ (SIRC デバイス)」
    • TakumiVision(株)        「非接触操作が実現できる超小型センシングモジュール」
    • センスプロ(株)           「未来型人工知能システムによる見守り・ライフスタイル提案技術」
    • (株)Wave Technology        「ワイヤレスによる 3 次元の給電技術」
    • マゼランシステムズジャパン(株)   「世界最高水準の測位技術精度・ローコストの位置情報検知技術」
    • (株)プラズマイオンアシスト     「革新的イオン注入技術 ~異種材料の接合等を実現~」
    • 4Dセンサー(株)          「モアレ法,格子法による高速高精度な3次元形状/変形/振動分布計測法」
    • (株) アドインテ          「Wi-Fiでも検知可能で専用アプリ不要なIoTスマートセンサ技術」
    • (株)ブレイン            「AI による高精度画像識別技術」
    • ホログラム(株)           「一般普及させられる MR(複合現実)を中心とした xR(空間拡張)技術」
    • 清川メッキ工業(株)         「独自のナノめっき技術で、 サブμ粉体へのめっきや信頼性の高い接合めっきを実現」
    • (株)Atomis             「あらゆる気体をナノレベルのスポンジに閉じ込める多孔性配位高分子技術」
    • ホルトプラン(同)         「センサ・環境計測による脱炭素社会に向けて」
    • (株)Eプラス            「脱炭素社会実現に向けた二酸化炭素の燃料化と固定化技術」
    • 東邦化成(株)            「PICLIA リボン デュアルセンサ(圧電&静電容量)」
    • (有)ニューセンサー開発      「超音波を用いた計測手法の応用」
    • (株)ネイチャーギフト        「グリーンナノファイバー:CNFによるCO2ゼロエミッションへの挑戦」
    • (株)エスケイファイン        「3D光造形法による高精細セラミックス造形技術」と「3D特有の構造体」の応用」

     

    他 7社がご登壇

  • 設立の背景​・体制・運営

     

    本フォーラム設立の背景

    第4次産業革命など激変する社会の中、個社の技術だけでは優位性を保ちにくく、世界をリードするシリコンバレーでは大企業はベンチャー企業等と手を組む動きが当たり前となって来ております。

    関西の強みの中小企業やベンチャー企業が、関西発の独自性のある技術を、大手企業を中心としたOSTECの賛助会員に知らせることで、技術の価値や新たな市場、技術融合の可能性を見出し、新たな協業、イノベーションにつなげるプラットフォームとして、大阪科学技術センター(OSTEC)では2018年の試行を経て2019年度より正式に関西発のイノベーション創出フォーラムを設立しました。

     

    本フォーラムは、大阪科学技術センター技術開発委員会 幹事会の下に設置され、幹事会が具体的な運営を立案します。

    <2022年度運営体制>

    幹事   住友電気工業(株)(幹事長)
         大阪ガス(株)
         (株)大林組
         関西電力(株)
         (株)積水インテグレーテッドリサーチ
         田辺三菱製薬(株)
         パナソニック(株)
         日立造船(株)
         三菱電機(株)
         大阪大学 共創機構
         産業技術総合研究所 関西センター

     

    事務局  大阪科学技術センター 技術振興部